工学部 情報システム創成学科
齋藤 渓 助教
Saito Kei

研究分野 応用数学

出身地/愛知県
生年/1992年 8月9日
愛読書/「水滸伝」(北方謙三)、「項羽と劉邦」(司馬遼太郎)
趣味/クロスバイク、食べ歩き
好きな食べ物/一から自作したインド式カレー、お酒
好きな国/オーストラリア(動物園が多いため)

工学部 情報システム創成学科 齋藤 渓 助教

数学はモノづくり。
誰も見たことのない、新たなモノを生み出したい。

「なんとなく」が通じない、興味深い量子の動き

もともとは数学教師を目指していたのですが、大学の時に数学の本質的な面白さに目覚め、研究の道を志すようになりました。高校までの数学といえば、公式を暗記したり、時間内にたくさんの問題を解いたり…という内容で、正直なところ、今でもそういうことは得意ではありません。しかし大学での数学は、高校とはまったく異なるアプローチでした。時間をかけてじっくり数学と向き合うことができ、そこに魅力を感じるようになったのです。数学は“モノづくり”です。目に見えるモノではありませんが、新しい定理を形にしていくというのは紛れもないモノづくりです。自分のアイデアで、まだ誰も見たことのないモノをつくることができたら…こんなに面白いことはありません。

今研究しているのは、「量子ウォーク」というものです。確率論をもとに、量子の動きを計算しています。人間の動きなら、右へ行くか左へ行くかの確率は50%ずつだと感覚的にわかりますが、これが量子になるとまったく違うのです。確率の計算の仕方が変わるため、「なんとなく」では絶対にわかりません。生活の中で、感覚的に「おそらくこうだろう」と思っていることはたくさんありますが、それがまったくあてにならないところに興味を惹かれています。量子ウォークは21世紀になって注目され始めた、まだ新しいテーマなので、これからますます盛り上がっていくのが楽しみです。

モノづくりの喜びを味わうことのできる授業に

大学は義務教育ではありません。「何を学びたいか」を意識して、主体的に取り組んでください。社会に出てからの自分をイメージできると、より学びが身になるのではないでしょうか。授業では、画像や動画の加工についても勉強していきます。研究において、見やすいデータやプレゼンテーションを作ることはとても大切です。新しいモノを生み出すことができても、その意義やメリットを人に伝えられなくては、なかったことと同じだからです。相手の立場になって論理的に話し、「わかりやすく伝える」ことを心がけてください。

授業を通じて、「問題を考察する力」を身に付けてほしいです。与えられた問題に対して、「果たしてこれは解く必要があるのか?」という問いを持つことです。そもそも問題自体に意味がない…ということもあり得ます。これは研究テーマを設定する際にも言えることです。

情報システム創成学科はクリエイティブな授業がたくさんあるので、創造力を磨くことができるはずです。授業で興味のあることに出会ったら、気になったことはそのままにせず、好奇心の赴くままに調べたり、研究したりしてみてください。モノづくりの楽しみを味わえる授業にしたいと思います。

人生は楽しむもの。「楽しみ方」を広げる大学生活を

人生は楽しむものです。食べて寝て遊んで…というのが楽しいのは当然ですが、せっかく大学に来たのですから、ぜひ学ぶ楽しみも感じてほしいです。授業で触れるアカデミックな事柄、工学の技術からなるクリエイティブな行動…。こういうことの中にも楽しみを見出せるかどうかは、感性次第だと思います。そして、感性は育てることができます。私でいえば、もともと数学が得意ではありませんでしたが、今では本当に楽しいものだと思っています。このように、少し見方を変えてみるだけで、物事はまったく違うように見えてくるものです。

「楽しむ」感性が豊かになれば、大学を卒業してからも、きっと充実した人生を歩めるでしょう。自分の力をぐんぐん伸ばせる機会ですから、積極的かつ前向きに授業に取り組んでください。

『量子ウォーク』(今野紀雄/森北出版)
『量子ウォーク』(今野紀雄/森北出版)。学生の頃、初めて読み通した思い入れ深い参考書です。数少ない量子ウォークの専門書にして入門書であり、私の恩師が執筆した珠玉の一冊

クロスバイク
台湾の自転車メーカー・ジャイアント製のクロスバイク。大学院への進学記念に購入した、遠乗り用の二代目マシンです。鎌倉・箱根・御殿場辺りへよくツーリングへ出かけています。現地で美味しいものを食べて、温泉を堪能する時間が何より幸せを感じます