理学部 総合理学プログラム
酒井 政美 教授
Sakai Masami

研究分野 関数空間の位相的性質、実数の特異部分集合

出身地/愛知県
趣味/読書
子供の頃の夢/科学者
休日の過ごし方/子供の相手
生年月日/1958年2月20日
血液型/B
家族構成/妻、子供2人

理学部 数理・物理学科 酒井政美教授

数学はパズルのようなものかもしれません。
問題が解けると、ただただ嬉しいのです。

数学の面白さは時を超えて無限大

神奈川大学では、工学部の1〜2年生の必修科目である数学を教えていて、担当の講義は微分積分学と幾何学です。先にどんな専門分野に進むにしても、理解しておくべき基礎となる部分だと思います。

私の主な専門はトポロジー(位相幾何)というものですが、数学はそういう専門的なことを話していくととても難しいです。それが直接的に何かの役に立つとかというとそれは疑問だし、面白いからやってる、としかいいようがないんです。でも、分からない問題をずっと考えていて、ふとしたある時突然ひらめいて、後でその詳細を解いていく、というような時間的・精神的な苦労とか、その結果として問題の答えが出た時の、なんとも言えない楽しさが魅力なんだと思います。

歴史上の数学者が残した数学上の未解決の問題がたくさんあって、後続の数学者がその問題を解いていく、というような世界でもあるんです。その問題を解いて発表すると、賞金が出たりすることもあります。

じっくりと問題に取り組む楽しさを知って

私が子供の頃、まだテレビは白黒でしたが、人類が初めて月に降り立ったニュースを見て、なんとなく漠然と科学の世界に興味を持ったのが、今思えばはじまりかな、と思います。でも、子供の頃から特に数学が得意とか好きとか、そういうわけでもなかったんです。たまたま中学生の時の数学の先生が、問題をとことん考えさせてくれる先生で、その時にならったユークリッド幾何(形の相似の証明など)がとても面白いなあと思ったんです。時間をかけて問題に向かって、答えが出た時にすごく嬉しかった。

なにかひとつのことにじっくりと取り組んで、自分のそれまでの知識や経験が詰まっている引き出しから知恵を絞って答えを出す。そういう楽しさが、数学にはあるのだと思います。その先の専門分野に進んだ時も、たぶんそれは同じこと。数学上の知識以外にも、そういう楽しさを知ってもらえたら、と思います。


最近買った『続・妖怪図鑑』。挿絵が美しい本


研究室では、時々中島みゆきを聞いている