理学部 総合理学プログラム
粕谷 伸太 教授
Kasuya Shinta

研究分野 素粒子論的宇宙論、宇宙物理学

出身地/東京都
趣味/スポーツ観戦(主にテレビで)、飲酒
子供の頃の夢/科学者か塾の先生
愛読書/サイモン・シンの『フェルマーの最終定理』
好きな映画/「スターウォーズ」
好きなTV番組/「ザ!鉄腕!DASH!!」
好きな著名人/ディエゴ・マラドーナ
好きな食べ物/餃子、アルコール全般

理学部 数理・物理学科 粕谷伸太准教授

物理学は、身のまわりの自然現象を
簡潔に理解しようとする試みです。

まだ解明されていないことを発見する楽しさ

「宇宙はどこまで広がっているんだろう? そこには、いったいどんなものがあるんだろう?」

皆さんは、子供の頃にこんな疑問を抱いたことはありませんか? きっと誰もが一度は、宇宙に思いを馳せたことがあるのではないかと思いますが、私の場合は、そんな漠然とした他愛のない宇宙への興味や憧れが、いつしか専門の仕事になりました。“全宇宙がどのように始まり、どのように発展し、そしてどのように終わるのか(または終わらないのか)?”といった分野を調べているのです。

主に、宇宙初期においての物質の生成に関する研究をしています。具体的に言うと少し難しくなりますが、「物質・反物質の非対称を生成するメカニズム」や「宇宙の始めにインフレーションがあるとき、どのように物質が生成されるのか」といったような問題を解決したいと思っています。

科学が発達して、すでにいろいろなことが解明されている現代ですが、実は宇宙を構成する物質の96%は、まだその実態が分かっていません。誰も手を付けていない未解明のことだからこそ、自分の手で調べ、答えを知りたいと思うし、自ら見つけた課題に長い時間かけて取り組んで、少しずつ分かっていく楽しさや面白さは、ほかの何にも代え難いものです。

一つの問題に長く向き合う忍耐力を

物理学は一般的に「数学を駆使するので難しい」というイメージがあるかもしれませんが、根本的には、身のまわりの自然現象を簡潔に理解してみよう、という学問であって、それにはまず、物事を筋道立てて考える力が必要です。また、一つの問題に対して、長い時間向き合う必要もあります。物理学を学ぶ学生には特に、こういったことができるよう、忍耐力を身に付けてほしいと思います。

高校生までの勉強は、どちらかと言えば受け身。与えられた課題をこなすことのほうが多いと思いますが、大学生になると“何を学ぶのか”ということから自分で決めて、自分が主体となって取り組まなければなりません。そのためには、たくさんの人や物に出会い、さまざまな刺激を受けて選択肢を広げることが必要だと思います。大学内だけに留まらず、積極的にサークル活動に参加したり、アルバイトなどしながら、他の大学の学生や、まったく違う環境で暮らしている人々と交流してみてください。そういった経験の中から自分の道を見つけ、そこに全力で打ち込んでほしいと願います。

ポケットコンピュータ
関数計算や簡単なプログラミングができるポケットコンピュータ。1990年頃、大学の生協で購入したものだが、今でも十分使用できる

ヘルシンキ大学に赴任した際の労働許可証
2002〜2004年、研究員として、フィンランドのヘルシンキ大学に赴任した際の労働許可証