理学部 情報科学科
森本 貴之 助手
Morimoto Takayuki

研究分野 知能情報学

出身地/大阪府
趣味/読書、音楽鑑賞
尊敬する人/中澤喜三郎先生(大学時代の恩師)
愛読書/さまざまなジャンルの小説を大量に読みます(年間300冊程度)
好きな音楽/Hard Rock、Heavy Metal
休日の過ごし方/家で読書が大半ですが、たまに大型書店や輸入CDショップを何軒か見て回ることがあります

理学部 情報科学科 森本貴之 助手

実験や演習は、情報科学の知識を学べるだけでなく、
社会に出てから必要となる力を身に付けることにも役立ちます。

既存の知識から新たな情報をつくり出す

言語で表現された知識をコンピュータ上で資源化して、それを利用するシステムの研究開発に取り組んでいます。例えば、英和辞典から対訳の情報を抽出してデータ化し、そこから同義語のような何らかの関係がある言葉のグループを割り出せるようにできないかということを考えています。このように、既にある情報を集めてきて、組み合わせることで、新しい情報をコンピュータで自動的に取り出そうと研究しているのです。

ただ、こうしたことを実現するには、課題が山積みです。そもそも単純に知識を電子データ化しただけでは、コンピュータはその知識がどういうものなのか理解できないため、有効利用することができません。つまり知識をコンピュータ上でどのように表現し、処理できるようにするかという課題があるのです。また、利用目的によって必要な情報が異なりますし、そもそも元の知識からどのようにして必要な情報を正確に取り出すのかということも研究しなくてはなりません。ですから実際に思い描いているようなシステムを実現するためには、まだまだ研究を進める必要があります。

早い段階で、説明する力や確認する習慣を身に付けることが大切

授業では、C言語でプログラムを作成する「プログラミング演習T」や、回路設計をしたりマイクロプロセッサの構造と動作を学んだりする「情報科学実験U」などの実験演習科目に、サポートとして携わっています。これらの演習科目は、単に情報科学の知識を学べるだけでなく、社会に出てから必要となる力を身に付けることにも役立つと思います。例えば、説明する力。学生の中には演習の途中でわからないことにぶつかると、自分でも何がわからないのかはっきりしないまま「わかりません」と言う人がいます。しかし、わからない箇所をきちんと説明できないと、人に相談することもできません。ですから、こちらから進み具合や何がどうなって今の結果になったのかという細かい質問を重ねることで、学生が順を追って整理し、どこがわからないのかを説明できるようにサポートしています。

また、実験や演習は、確認する習慣を身に付けるのにもうってつけです。例えば、プログラミングの演習では、自分の作成したプログラムが正しいかどうか、動作確認を行う必要があります。実験では、測定結果が順当なものか予測と随時比較し、確認する必要があります。このように確認する習慣を、授業を通して、早い段階で身に付けてもらいたいと思っています。というのも社会では、ちょっとした確認を怠った、あるいは十分でなかったために、大きな損失を出すケースが多々あるからです。もし、送るはずのファイルとは違うファイルをメール送信してしまい、それが機密ファイルだったなんてことが起これば大問題です。書類の書式や数値が間違っていれば、受け付けてもらえないこともあります。ほんの少し気をつけて、確認する。そういう習慣を、在学中に身に付けてほしいと思います。

学生時代に父親から譲り受けたペリカンの万年筆
愛用しているペリカンの万年筆は、学生時代に父親から譲り受けたもの

日頃から身につけている機械式腕時計
デジタルなものに囲まれているのでアナログなものが欲しくなり購入し、日頃から身につけている機械式腕時計