理学部 化学科
木原 伸浩 教授
Kihara Nobuhiro

研究分野 有機化学、生物有機化学

出身地/宮城県仙台市
血液型/A型
趣味/コントラバスの演奏、家具づくり
子どもの頃の夢/農業
尊敬する人/ファインマン
愛読書/『化学大辞典』(高校入学の時、親に買ってもらいました)
休日の過ごし方/別荘で静かに過ごす(時間があれば)
好きな音楽/ショスタコービッチ、ワーグナー、マーラー、ブルックナー、 R.シュトラウス

理学部 化学科 木原伸浩教授

化学の方法で分子を合成することは、
僕にとって夢の工作です。

工作は楽しい! だから化学はおもしろい

子どもの頃、何かを作ることが大好きでした。作ること自体も楽しかったのですが、それ以上に、部品の構造や機能にわくわくしました。「これはどうやってできているんだろう?」「どうしてこういうふうに動くのだろう」と思うと即行動! テレビを分解し、刀を鍛えetc. 料理も得意ですよ。ところが唯一、どうやって作ったらいいのか全くわからず、しかも誰も教えてくれないものがありました。それが「分子の作り方」です。もう、くやしくて、くやしくて。

分子の合成は、のりもはさみも使わない工作

「分子の作り方」は大学の化学でやっと教えてもらえました、のりもはさみも使いませんが、これはまるで「工作」でした。そして、分子でも「動く仕組み」というのがあるんですね。例えば、誰も見たことのない恐竜でも、化石の形を調べたら、どういうふうに動き、どういう姿をしていたのかちゃんと分かります。同じように、正しい形の分子をつくる(合成する)と、その分子は正しく動くのです。今までにないような働きをもつ分子をつくることも可能なのです。こりゃ、そんじょそこらの工作より面白い。

人間の体は、何万種もの化合物でできています。生きているということは、その何万種もの分子がすべて正しく働いて(反応して)いるということです。それは、全ての分子が正しく必要な形をしているからです。僕たちの体の中では、分子たちがけなげに働いているんですよねえ。そして、それは、全て化学の言葉で働いているんです。

生物の化学システムは驚異的です。でも、同じように正しい形の分子システムを合成すれば、生物を超える力を人工的に実現することもできるでしょう。そのための研究に力を注いでいます。

理学は人間の素養

化学は私たちの世界そのものです。基礎はもちろん必要ですが、それが私たちの世界とどのように関わっているのか常に考えるように授業を行っています。また、化学的なものの考え方を大事にして、単に知識を覚えることは奨励しません。社会に出て役に立つのは知識などではありません。化学に限らず理学とは、人間の素養として大切なものの考え方−世界観−そのものなのです。


分子模型:分子の模型を作り形を見て、必要な働きをしそうかどうか夢想する


著書『よくわかる有機化学の基本と仕組み』