理学部 生物科学科
岩崎 貴也 助教
Iwasaki Takaya

研究分野 植物進化多様性学、植物生態学、生物地理学

生年/1982年
出身地/兵庫県三木市
血液型/A型
愛読書/歴史小説、植物図鑑や植物誌など
趣味/フィールドでの植物観察、卓球
休日の過ごし方/フィールド散策や読書
好きな食べ物/蕎麦、ラーメンなど。美味しいものはなんでも好きです

理学部 生物科学科 岩崎 貴也 助教

私たちの身の周りにある植物が、なぜ、いつから、どのようにして、
そこに生育しているかを解明しようとしています。

日本の豊かな生物多様性の成立過程を調べる研究

私たちの身の周りには多くの植物が生育していますが、それらがなぜ、いつから、どのようにして今の場所にいるか、皆さんは思い巡らせてみたことがありますか?私は研究によって、その謎を解き明かそうとしています。

日本は南北に長く、大陸からある程度隔離され、山が多くて降水量も多いといった地形・気候条件から、世界的にみても多くの生物種が分布しており、固有種の割合も高いです。また、最近の研究から、同じ種でも地域ごとに形態や遺伝子が少しずつ異なっていることが分かっており、日本列島内でも高い多様性があります。この豊かな生物多様性が、どのような歴史的・生態的メカニズムによって成立したかを解明することが目標です。これには、進化や分布変遷などの歴史的由来、環境との関係、他の生物との共生や競争といった相互作用、人間活動の影響など、さまざまな要因が複雑に絡み合って関係しています。そのため、野外調査や遺伝子解析、統計モデリング、地理情報システム解析など、多角的な視点からアプローチしています。

研究は野外調査、遺伝子解析などの室内実験、コンピュータ解析が3分の1ずつのバランスです。野外調査では、これまでに日本の全都道府県を3周以上しているほか、海外にも出かけて行きます。各地の自然を観察したり、美味しい名産品を食べたり飲んだりできることも魅力の一つです。私は植物のほかに歴史や地理も好きだったので、これらを掛け合わせたような今の内容を研究テーマにしました。この大学に来てからも、キャンパス内はもちろん、伊豆諸島や長野県の霧ヶ峰高原、各地のブナ林などの多様なフィールドへ出かけて調査を行ったり、野外から持ち帰ったサンプルを大学で解析したりすることで、上で述べたような自然生態系における進化・多様性を解明する研究を学生さんと一緒に行っています。

現地での観察や調査から、自然生態系への理解を深める

主な担当科目の「生物科学実験Ⅰ・Ⅱ」では、顕微鏡観察やスケッチ、DNA解析やタンパク質定量などの幅広い内容について取り組み、生物学における観察の仕方や調べ方の基礎を学びます。「特別実習C(森林実習)」では、実際に野外に出てフィールド調査の基礎を学ぶ実習を行い、自然生態系を「見る」目を養います。分担の「基礎遺伝学」では、自然界での遺伝子の動き(=進化)を解明する集団遺伝学について学び、実際の自然生態系で起こっていることを、目に見えない遺伝子のレベルから解明する考え方までを身に付けます。授業・実習以外でも、キャンパスで撮影したその時々の自然の写真をプリントして部屋の前に貼るようにしており、そういったものをきっかけにして、ぜひ身近な自然にも興味を持ってもらいたいと考えています。

理学部生物科学科の学生の皆さんには、たとえ将来どんな職業に就いても、例えば生物科学関連のニュースを見聞きしたときなどに、その出来事の背景を解説できるような幅広い知識と多様な視点を身に付けて卒業してほしいと思っています。

勉強する楽しさを知り、教養を身に付けて人生を豊かに

大学で学ぶ内容を社会に出てから学び直すのはとても困難で、専門分野の先生から最先端の研究内容を聞けたり、分からないことを直接教わったりできるのは大学ならではです。そう考えると、この4年間にいろいろなことを積極的に学ばないともったいないと思いませんか?そしてその学びを通して、分からないことを放置せずに根気を持って突き詰めて考える力と、複数の視点から物事を多角的に考える柔軟性をベースにした学び方を身に付ければ、卒業後も生涯にわたって学び続けることができるでしょう。勉強して新しいことを知る楽しさを知り、それによって得た教養は、皆さんの人生をより有意義で豊かなものにしてくれるのではないかと思います。

植物図鑑や植物誌の一部
研究資料として所蔵している、植物図鑑や植物誌の一部。「日本の野生植物」(平凡社)や「樹に咲く花」(山と渓谷社)は、学部時代からずっと使っています

卓球のラケット
卓球を始めたのは小学生の頃。最近は忙しくて、なかなかラケットを握ることができないのですが、大事に保管しています