理学部 生物科学科
鈴木 祥弘 准教授
Suzuki Yoshihiro

研究分野 植物生態学


理学部 生物科学科 鈴木祥弘准教授

生物を見ていると、どんな酷い環境でも
何とか生きていけるように思います。

CO2の吸収を助ける極域の植物プランクトン

私の専門は植物生態学で、植物プランクトンなど微細な藻類の光合成を研究しています。私は中学生のころから、微細な藻類に興味を持ってきました。この興味が現在の研究へとつながるきっかけとなったのは、大学の博士課程で参加した海洋調査のプロジェクトでした。今、大気中のCO2濃度の増加が問題になっていることはご存知でしょう。そのCO2の流れを地球全体でみたとき、「まだ知られていない地球のどこかに、沢山のCO2が吸収されている」という謎があったのです。研究が進むと、その「どこか」が、北極圏だと判ってきました。プロジェクトの目的は、CO2の流れを北極圏で詳しく調べることでした。北極圏には、いくら氷が張っても風で流されてしまうため、氷が張らない海があります。周りの気温が−40℃でも海水の温度は−2℃までしか下がらないので、そこには沢山の生物が暮らしています。また、白夜の夏には、昼も夜も日光が降り注ぐので、植物プランクトンが光合成をして、すごい数に増え、CO2を吸収することがわかってきました。北極圏では暖かいと思ってしまう−2℃でも、私たちには、とても耐えられない低温です。そんな低温でも光合成できるのはなぜか、というような「環境と生物の機能」について研究しています。

生態学の魅力は、自然を通して人間を考えられること

生態学は、野外で生物がどう生きているのかを、あらゆる手段を用いて調べる学問です。その魅力は、「自然を通して、人間について、ゆっくり考えられること」だと思います。人間は、噂に惑わされたり、他人を羨んだり、果てしなくお金儲けをしたりします。しかし、生物は生きることに懸命で、それ以上は求めません。生物を見ていると、同じ生物としての人間“ヒト”のあるべき姿が見えてくるような気がします。学生さんにはそういうことを感じながら、ヒトとして判断するための助けとなる知識を養っていただきたいです。そのために、生物科学科では生物学のあらゆる基礎を徹底して勉強してもらっています。学んだことをいつか社会へ還元できるようなヒトになってもらえれば、うれしいですね。


北極圏バフィン湾、水深2000メートルの水圧で縮んだ発泡スチロールのカップ


流氷の海に落ちてもサバイバルできるスーツは、防寒着とライフジャケット兼用。氷上の研究に不可欠