経営学部 国際経営学科
知花 愛実 助教
Chibana Megumi

研究分野 地域研究、政治学(Indigenous Politics)、グローバルポリティクス、
人文地理学

出身地/故郷は沖縄。ハワイが第二の故郷
子供の頃の夢/「ユンボー」になること
尊敬する人/家族、お世話になった先生方
愛読書/たくさんありすぎます
趣味/自然に触れること
休日の過ごし方/のんびり、散歩、海遊び、山遊び、旅行

経営学部 国際経営学科 知花 愛実 助教

昔から抱いていた、故郷沖縄に関する素朴な疑問。
その答えを「知りたい」ために研究をしています。

「ウチナーンチュは先住民か?」という疑問の答えを探す

私は、「Indigenous Politics(先住の人びとに関わる政治)」という、政治学の中では比較的新しい、かつ特殊な領域を専門とし、その政治理論、思想、歴史などを研究しています。沖縄で生まれ育った私は、「なぜ私たちは“ウチナーンチュ(沖縄の人)”と呼ぶのか?」「同じ日本人なのに、なぜ“沖縄の人”“本土の人”と区別するのか?」といった素朴な疑問を抱き、「エスニシティ」や「アイデンティティ」といったことに関心を持っていました。沖縄の短大卒業後にハワイ大学に留学し、ハワイのエスニック・グループについて学んだり、ネイティブ・ハワイアン(ハワイ先住民)の人たちと交流したりする中で、「私が抱いていた疑問は、彼らが抱えているさまざまな問題と近いものではないか」と思い始めました。このことが専門分野を選択したきっかけです。

現在、世界には5000以上の先住民族が存在するといわれていますが、近代国家の形成において、先住民族が受け継いできた伝統や文化は、失われつつありました。けれども近年、先住民の人々が直面する文化的、歴史的、法的、社会的な不公平を見直す理論構築や研究方法が提唱され、「彼らの価値観を生かした政治の在り方や、多文化の共生の在り方がどうあるべきか」といった政治思想概念がグローバルに展開されています。私はこれを沖縄に当てはめ、地域創生や脱軍事基地化、言語文化復興等の解決手段として、どのように使われてきたかを研究しています。簡単にいえば、「ウチナーンチュは日本人か?」「ウチナーンチュは先住民族か?」「誰がどのようにそれを決めることができるのか?」という疑問の答えを見つけようとする研究です。学生の頃から試験勉強などは苦手で、研究もただ「知りたい」という好奇心に導かれるまま続けてきました。知りたいことをとことん調べる作業は楽しく、また、「知れば知るほど新しい疑問に気づく」のも、研究の面白さだと思います。

いろいろなことに興味を持ち、まずは「やってみる」

担当科目は「日本文化論」と「国際地域論」などの英語講義で、いずれも留学生や留学に興味のある受講生の多い授業です。「日本文化論」では、日本の映画を観て分析しながら、さまざまな日本文化について考察します。「国際地域論」では、例えばアメリカとメキシコの間の移民問題に絡めて「なぜ世界は国境で区切られているのか?」といった問いについて考え、英語で表現する取り組みを行っています。語学力もさることながら、容易には答えの出ない事柄について、学生にはインターネットなどに頼らず自分の頭で考える力や、その考えを人に伝える力も育んでほしいと考えています。

そのためにも大学時代には、いろいろなことをまずは「やってみる」ことが大事だと思います。私も短大時代には、学生活動、アルバイト、ボランティアなど何にでも挑戦し、卒業後は念願だった海外留学も経験しました。ハワイのカウアイ島という田舎の小さな島で、知り合いも他の留学生もいない環境でしたが、入学の手続きからビザの申請、家探しなど、できることはすべて自分で行いました。人に恵まれ、助けられたことにも感謝していますが、業者や大学に頼らず自分でやってみたことで、大きく成長することができました。その結果、ハワイでは世界各国から来た人たちと出会い、さまざまな考え方や生き方を学ぶことができました。何にでも興味を持ち、自主的に動いてみたことで得た経験が、人間的な豊かさを教えてくれたと思っています。

ハワイ大学のPhDディプロマ
ハワイ大学のPhDディプロマ。ハワイ語で書かれた学位記は、ハワイ大学の卒業生のみに与えられるもので、私にとっては大変貴重なものです。ハワイ語復興運動の賜物でもあります

ベトナムコーヒー
大学院生時代、さまざまな国や地域から集まる留学生の友人たちとコーヒークラブを結成し、毎朝ベトナムコーヒーを共にしていました。研究と仕事などでストレスフルな毎日でしたが、朝から笑い合える友人がいる環境に感謝していました。「コミュニティ」の原点を学んだ気がします