法務研究科(法科大学院) 法務専攻
角田 光隆 教授
Tsunoda Mitsutaka

専門分野 民法、EU法、子ども法

出身地/東京
趣味/散策
子供の頃の夢/宇宙ステーションで活動すること
尊敬する人/マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師
愛読書/研究テーマに関する書物
休日の過ごし方/散策
好きなTV番組/旅番組、経済番組、自然科学番組
好きな食べ物/果物、バウムクーヘン
好きな国/ヨーロッパ

法務研究科(法科大学院)法務専攻 角田 光隆 教授

法曹として市民に慕われる社会貢献を、
積極的に行う人材を育成したい。

日本の法制度に影響を与えた「ヨーロッパ私法」の研究

大学受験の頃、社会の成り立ちや制度に興味があって法学部に進学しました。法学全般をひと通り勉強したあと、3年生から始まるゼミでは、市民の暮らしと密接な関係があり、法律の基礎ともいえる「民事法」を専門に選び、さらに深く学んでみたいと思い大学院に進みました。そしてこの頃から、ヨーロッパ諸国の法制度や「ヨーロッパ私法」の研究を始めました。当時、日本国内で「ヨーロッパ私法」の分野の研究はあまり認知されていませんでしたが、そもそも、明治時代に成立した日本の「民法典」は、ドイツやフランスをはじめ、諸外国の法律を参考にしてつくられたものです。そしてヨーロッパでは、欧州共同体(EC)の指令が国内法化され各国の独自性より共通性を強調する方向に移行し、民事法の共通化も始まっていました。特に「契約法」は草案をつくる動きがありました。そのため、「民法典」を解釈し、新たな立法をするには、ドイツ法やフランス法などを含めた「ヨーロッパ私法」を研究する必要があるのではないか、と考えたのが研究に着手したきっかけです。また、大学時代に読んだヨーロッパの歴史を鳥瞰(ちょうかん)する本の影響で、ヨーロッパの法制度に関心を持ったことも一因でした。

「ヨーロッパ私法」の研究のため、その先端を走っていたドイツのオスナブリュック大学の先生が責任者となっている比較法・国際私法研究所(現在のヨーロッパ法研究所)に滞在しました。この先生は、のちに「ヨーロッパ私法の共通参照枠組み草案」というモデル法を編集した方です。そしてこの後、この研究に本格的に取り組み始め、以来「ヨーロッパ私法の比較法的研究を踏まえた契約法・契約外責任法の理論的構築」について研究を続けています。同時に、ヨーロッパ全体および各国の法改正についての研究も行ってきました。前述の通り、当時の日本ではこの分野への理解者は少なく地道な研究でしたが、一度志した道は継続して突き詰めたいという思いで研究を続けました。最近では、ヨーロッパ私法の動きやドイツ、フランスの法改正が、日本の民法改正に影響を与えるなど、国内でもヨーロッパ法の研究が認知され、研究者も増えています。

消費者に関わる法制度や、子ども法に関する研究に着手

現在は、「ヨーロッパ私法」の研究の一環として、「EU消費者法」の研究も進めています。この研究は、我が国における消費者に関わる法制度の充実化につながることを期待して行っているものです。その中のひとつのテーマとして、環境エネルギー法と消費者の権利に関する研究があります。これは、電気事業法の改正が実施され、個々の家庭が自由に電力会社を選べる社会が成立した場合に、消費者の権利がどうなるか、といった研究で、私たちの暮らしと密接に関わってくる問題です。

一方、「子ども法」に関する体系的研究にも着手しています。すでに児童の権利条約に関する個々の問題点の整理と、子ども手続代理人の立法過程の研究を行いました。現在は、2013年の国会で成立した、「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律」を研究しているところです。近年、子どもを取り巻くさまざまな問題が頻出していて、同国会において「子どもの貧困対策の推進に関する法律」や「いじめ防止対策推進法」も成立しましたが、日本における子どもに関する法制度はまだまだ整備不十分です。

深刻な人口減少とも関係のある重要な分野であり、子どもたちが健やかに明るく過ごせる社会をつくる一助となるため、立法論も意識した子どもに関連するすべての法律についての体系的かつ包括的な研究が必要だと感じ、研究して公表していく予定です。

司法試験は自己実現するための手段と捉えて

法科大学院は、主として司法試験を受験し、法曹として活躍する人材を養成する研究科です。担当講義である「民法(総則・物権)」は、民法全体にわたる基本原則を定める“民法総則”という分野と、物に対する権利についての基本原則を定める“物権法”という分野を対象としています。「民事法演習Ⅰ」は、不動産取引の分野における法的問題を個別に詳しく検討するゼミナールです。「民事法総合演習Ⅰ」は、民法と手続法の関係を視野に入れながら、主として“担保物権法”の分野を対象としています。「民事法総合演習Ⅰ」は、企業と法に関する総合的な法的思考方法を養う科目です。他に、「研究論文指導Ⅰ・Ⅱ」、「リ−ガルクリニック」も受け持っています。

前述した私自身の研究は、自らの社会貢献の一環として行っていますが、法科大学院の学生の皆さんにも、そのような意味の卒業後の方針を考え、法曹として市民に慕われる社会貢献を積極的に行ってもらいたいと願っています。そのため、講義では単に法律の内容だけでなく、折に触れて“法の精神”などについても話をするよう心がけています。また、司法試験合格のための勉強はたいへん厳しいものですが、司法試験は人生のゴールではありません。それがすべてだと思わず、あくまでも自己実現をするための手段だと捉えてほしいと思います。試験は水ものなので、勉強の成果を出せないこともあるでしょう。けれど万が一失敗したとしても、一心不乱に勉強して得た知識やその経験は決して無駄になりません。いつか必ず自分のため、社会のために生かされるときがくるはずですから。

2007年出版の共訳書『ヨーロッパ債務法の変遷』(信山社)
2007年出版の共訳書『ヨーロッパ債務法の変遷』(信山社)。第8章の「契約外損害賠償責任に関するヨーロッパ基本原則への道」を翻訳した

オスナブリュックの民家をモチーフにした絵皿
ヨーロッパ私法研究のための海外研修で滞在したドイツのオスナブリュックは、とてものどかな中都市。写真はオスナブリュックの民家をモチーフにした絵皿で、記念に買ったもの。これを見ると美しい街並みを思い出す