人間科学部 人間科学科
小林 力 教授
Kobayashi Tsutomu

研究分野 体育科教育学

生年/1958年
出身地/山梨県
家族構成/妻と子ども二人(子どもは二人とも独立しています)
子供の頃の夢/プロ野球選手
尊敬する人/30代の時に出会った先輩教師の方々(皆さん個性的でした)
愛読書/重松清さん、鷲田清一さんの本が好きです。
趣味/ラグビー観戦
休日の過ごし方/書類の整理とトイレそうじ
好きな映画/「世界の果ての通学路」(2014年公開のドキュメンタリー映画)
好きな食べ物/ミモレット(チーズ)

人間科学部 人間科学科 小林 力 教授

すべての子どもが一緒に運動・スポーツを楽しむ。
そんな授業づくりを目指す体育教師を育てたい。

運動・スポーツが苦手な子どもたちに意欲を持たせる授業を

本学へ来る以前は、30年以上教職に就いていました。退職する前の6年間は教育委員会事務局に務め、小・中・高、特別支援学校など年間数十校を訪問し、それぞれの学校の特色ある教育活動や学校運営について学んできました。その経験を生かして教師を目指す学生たちを育てることが、本学における私の役割だと思っています。

私が担当する「保健体育専門教養T・U」と「保健体育指導実践T・U」の二つの授業は、保健体育科の教師として必要な専門性と実践力を身に付けることを主なねらいとしています。私が特に大切にしているのは、運動・スポーツが苦手な子どもたちが安心して精いっぱい体を動かすことができる、そんな授業づくりです。そのためには教材や指導法の工夫が欠かせません。

運動・スポーツへの興味関心や運動技能は、個人によって違いがありますから、他の人との比較や競争(走)を中心とする授業では、運動が苦手な子どもはどうしても意欲を持てません。そこで、授業を競争(走)型から達成型に変えてみる。例えば、ハードル走でしたらタイムや着順を他者と競わせるのではなく、50メートルをハードル有りと無しで走ってみて、各自がそのタイムの差をできるだけ近づけるようにする。こうすれば足が速い・遅いに関係なく、全ての子どもが個々の目標記録に向かって挑戦することができます。このように子どもたちが自分の目標に向かって運動・スポーツに取り組み、かつ楽しくなるような授業を工夫していくことが必要です。授業づくりという点で、教師の仕事はとてもクリエイティブだと思っています。

子どもが、自分自身にどんなまなざしを向けているかを知る

私が研究テーマの一つにしているのは、「子どもの自己評価能力を育てる保健体育科の授業」です。達成型のハードル走のような、自分に適した目標をもち、運動・スポーツに取り組む授業を通して、子どもたちは、目標の達成状況や課題を把握し、その解決方法を探しながら、自分に必要な練習や動き方を工夫するようになります。子どもたちの「自己評価能力」は、このような学習によって育まれていくと考えています。

私が自己評価能力を育てる授業の大切さに気づいたのは、30代に出会い今でも読み返す『自己評価―「自己教育論」を超えて』(安彦忠彦:著)という本がきっかけでした。そこには「自己評価というのは、子どもが自分で目指した行動を、正しく実現するためにある」、「評価は本来的にすべて自己評価だ」と書かれています。私はこの言葉に大きな感銘を受けました。学校での評価というと、とかくテストの点数や成績表の評定に目が向いてしまいがちですが、それだけでは子どもの成長につながらないのではないかと考えるようになりました。

さらに、この本には「大事なことは、子どもたちが自分自身にどういうまなざしを向けているか。それを教師はしっかりみるべきだ」と書かれています。教師は子どもの自己評価を大切にすべきだし、授業を通してその力を育てていかなければならないと思っています。

すべての経験は、子どもに還る

私の学生時代はラグビーに明け暮れ、4年間合宿所と大学を行き来する生活でした。それはそれでよい思い出ですが、教師になってみて自分の知っている世界が狭いと感じることがたびたびあり、「もっといろいろな経験をしておけばよかったな」と思いました。なぜならその経験は、子どもたちに還るからです。もちろんひとつのことに打ち込むのも素晴らしいことですが、教師を目指す学生の皆さんには、いろいろなことに興味をもち、実際にやってみることをお勧めします。

ラガーシャツ
大学時代にラグビー部の練習で着ていたラガーシャツ。残っているのは、これ一着。当時は、芝生ではなく土のグラウンドだったので、白いジャージが茶色く染まってしまい、洗っても落ちません。これを見ると、一緒に汗を流した仲間の顔が、土の匂いとともに記憶に蘇ってきます

『自己評価―「自己教育論」を超えて』
『自己評価―「自己教育論」を超えて』(安彦忠彦:著/日本図書文化協会)。著者の安彦先生は、本学の特別招聘教授。ご本人には、「この本のファンです」とお伝えしました。思いがけず同じ大学でご一緒させていただくことになり、とても幸せです