外国語学部 英語英文学科
高橋 一幸 教授

※「高」は、正式には「ハシゴダカ」です。

Takahashi Kazuyuki

研究分野 英語教育学、教師教育(英語教員養成・現職教師教育)

生年/1957年
血液型/O型
出身地/大阪府(通称「浪速生まれ、河内育ちの湘南ボーイ」)
家族構成/妻と二人暮らし(娘二人は結婚)
趣味/居合道 八段 (無双直伝英信流:むそうじきでんえいしんりゅう)
子供の頃の夢/中学校の英語か社会科(日本史)の先生、またはお巡りさんになること
愛読書/司馬遼太郎ほかの歴史小説
休日の過ごし方/あまり休日がありません!
好きな音楽/ビートルズ、演歌
好きな食べ物/大阪出身ですので、もちろん「お好み焼き」
好きな国/学力世界一と言われるフィンランドの教育制度について研究しています

外国語学部 英語英文学科 高橋 一幸 教授

英語教師をめざす人は、まず、
自分が受けて来た授業からの脱却を図ろう!

めざそう、「使える英語力」を育てる授業!

英語は、体育や音楽と同じで、知識だけでなく「技能」として活かせなくては意味がありません。例えば、体育の先生が教室の中でテキストを使ってクロールの泳ぎ方を説明し、ペーパーテストで満点が取れたとしても、生徒は泳げるようにはなりませんよね。英語も同じで、いくらテストでいい点が取れても、それだけでは英語を使えるようにはなりません。英語を使ってコミュニケーションできる力、異なる文化を持つ人々と協働・共生できる力を育てる授業が今求められています。

そのためには、まず「英語に慣れさせる」こと。ひたすら文法規則を覚え、英語を日本語に訳す、というような受け身の授業ばかり受けてきた生徒は、教育実習訪問などの際に英語で話しかけると、高校生でも「分からないから日本語で話して」と言います。一方、小学校の「英語活動」の時間に英語でのやり取りをたくさん体験している児童は、「おじちゃん、何言ってるの?」とも「日本語で言って」とも言わないんですよ。しかも、こちらの言っていることが分かると、ちゃんと英語で反応してくるんです。もちろん多少間違っていたり、単語だけの応答だったりすることもありますが、少なくとも英語で話しかけられることに対して恐怖感や拒絶感を持っていないのです。

これから英語科教諭をめざす人にとって、「自分がかつて受けてきた授業から脱却すること」がプロへの第一歩です。受動態なら「たすきがけ」、不定詞や現在完了は「用法」の区別、英文の理解の確認は日本語訳で・・・などという固定観念から抜け出た時に、大学で専門的に学ぶべき英語教育の可能性が開けます。

教え込んでもダメ、教育で大切なのは「気づき」!

母親は、まだ言葉が分からないうちから小さな子どもに毎日話しかけますね。そして片言で話すようになると、半ば本能的に、少しずつ使う言葉のレベルや内容を変えて、自然に子どもが母語を習得するサポートをしているのです。これをマザートーク(mother talk)と言い、外国語教育にもティーチャートーク(teacher talk)として応用されています。

新しい文法事項やテキストを教える際、生徒たちが既に学習し慣れ親しんだ英語を使って、「面白そう、どんな話だろう?」と興味を持つような話題で英語のお話を語り聞かせます。10のうち9は理解できるが、そこに1、わからない文(授業で指導する目標文)を入れると、生徒は未知の文であっても、文脈からその意味を推測します。たくさんのインプットが与えられれば、生徒は正しく文の意味をとらえ、さらに、そういう意味を伝えるにはどう言えばいいのか、言葉の形(文法構造)をも自ら発見します。教師が長々と日本語で説明し、「これを覚えておきなさい」と教え込んでもダメで、生徒自身が自ら考え、自分で気づくことが大切なのです。教育で大切なのが、この「気づき」(noticing)です。

私は神大に赴任して20年を超えましたが、その前は、大阪で15年間、中学・高校の英語教諭をしていました。一人の教師が教える学生は年間140人前後。自分の人生後半を考えたとき、大学で教員養成に携わり、英語教員をめざす学生を指導したい。学生たちがコミュニケーションを大好きになる授業を工夫し、将来の学校や地域を背負ってくれる人材を育てたいと思い、中高の現場を離れました。夢は、定年までに100人以上の中・高英語教諭を教育現場に送り出し(2016年11月現在67名)、毎年1万〜1万5千人以上の「孫生徒」を作ることです。

教師をめざす人には、知識・技能もさることながら、何より人を大切にする誠実な態度や責任感、夢を持ってそれを実現しようとする意欲を養ってほしいと思います。

著書および、2002〜2004年度、NHKラジオ「新基礎英語1」のテキスト
代表著書:『授業づくりと改善の視点』、『成長する英語教師』(以上単著)、『中学英語指導法事典』(共編著)、と2002〜2004年度に講師を務めたNHKラジオ「新基礎英語1」のテキスト。

家に飾ってある3本の愛刀(日本刀真剣)
家に飾ってある3本の愛刀(日本刀真剣)。室町時代から伝承されている流派、無双直伝英信流居合道が趣味。江ノ島近くの道場「湘剣会」の副会長を務めている