外国語学部 国際文化交流学科
松本 和也 教授
Matsumoto Katsuya

研究分野 日本近現代文学、日本現代演劇史

生年/1974年
出身地/茨城県
血液型/O型
子供の頃の夢/郵便局員
尊敬する人/つんく♂
趣味/舞台芸術をみること、論文を書くこと
好きな映画/「パリ、テキサス」「バグダッド・カフェ」「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」
好きな音楽/ブラック・コンテンポラリー
好きなTV番組/「モヤモヤさまぁ〜ず2」
好きな著名人/松岡茉優、満島ひかり、宮崎あおい
好きな食べ物/小籠包

外国語学部 国際文化交流学科 松本 和也 教授

文学や絵画や音楽など、さまざまな芸術に触れるのは、
ものごとのエッセンスへと至るさまざまなルートを考えることでもある。

その時代における文学者や文学の位置づけを知りたい

私の研究テーマは日本の近現代文学・演劇です。近年は、特に昭和10年代の文学現象について、集中的に研究を進めています。文学「現象」とあえて書いたのは、私の研究がいわゆる作家・作品論ではなく、その時代に文学(者)がどのような意義や影響力を持っていたのかを知ろうとするものだからです。たとえばある本に関して、その内容だけを考えるのではなく、その本がどのような時代状況下で書かれ、どういう出版社から発行され、どのように評価されたのかを見ていく。当時における文学の世界に視野を限定せず、もっと広くその時代の社会において「文学者や文学がどのように位置づけられていたのか」を、同時代の資料に即して歴史的に意味づけることを目指しています。それを通じて、事後的に形成された文学史ではなく、歴史的な文学史を打ち出しながら、現代社会における芸術や人文学の意義も問い返しています。

大学院時代には、太宰治のデビュー当時の評価のされ方についての研究をしていました。当時、「太宰は酒ばかり飲んでいる」とか「人格的に問題がある」といった噂話がゴシップ記事になり、それはある種の人々にとってはモラル的に絶対に許せないことでした。ところが反対に、挫折した青年たちからは非常に共感されていたのです。このような違いが面白かった。つまり私は「太宰が書いたもの」より「太宰について書かれたもの」のほうに興味があったのです。そこから人へ時代へと広げていったのが現在の研究です。

昭和10年代、日本は戦争に向かっていました。そうした時代背景のなかで、一部の文学者たちは戦場へ行ってルポを書く従軍記者の仕事や、そこから帰ってきて現場の体験を小説にするなど、いわゆるプロパガンダに関わっていきます。作家によってはのめりこむように戦場へ赴く人もいれば、ある程度距離をとっているがゆえに、なかなか作品が発表できなくなったり、紙が回ってこなくなったりする人もいました。70〜80年前のことですが、今日の状況と重なるところがあるようにも感じられます。

言葉にできてもしっくりこない感覚を伝えられるのが文学

担当している「文学 I」の授業では、川上弘美の現代小説を読んでいます。ストーリーやテーマの理解だけではなく、その表現上の特徴や、現代社会との接点についても、日常的な事例と擦り合わせながら、講義しています。川上弘美を題材に選んだのは、彼女の作品が「わかりにくい形」で現代社会と関わっているからです。もちろん人によっては純粋に小説として楽しめますが、抽象度や寓意性が高い作品では、いくつか補助線を引くことによって、現代社会の問題との関わりがわかってくることがある。そこが面白いと思うのです。

「戦争反対」とか、あるいは「恋愛は大事」という身近なことでもいいのですが、言葉にするのは簡単だけれど実感しにくかったり、しっくりこなかったりすることってありますよね。芸術というのはそういう感覚を、飛躍や寓意を使って伝えることができる。作り手側も工夫して伝えようとするし、受け手側もそれを読み解く技術があればきちんと受けとめられます。わかりやすい文学は普通に読めば誰にでも伝わる。そうではなくて、一見「わかりにくい」作品を読み解こうとすることに自分自身も興味があったし、そういうテクニカルな部分こそ大学で教えるべきことだと思って授業をしています。

もうひとつの「日本芸能論A」では、平田オリザ/劇団青年団の演劇を中心に、「静かな演劇」以降の舞台芸術について、その方法論や身体性に注目して、映像資料を用いながら講義しています。

世の中の多様性に気づかせてくれる文学は「実用的」だ

よく、文学なんて勉強しても社会に出てから役には立たない、といったことを言われますが、私は役に立つと思っています。たとえば川上弘美は、わかりやすい異性愛主義ではない恋愛小説をたくさん書いています。『センセイの鞄』に登場する、いわゆる婚期の過ぎた女性とおじいさんの恋愛というのは、たとえば行政が求める「若い人は早く結婚してたくさん子供を産んでほしい」という意向や、大学生がコンパをしてカップルになるという、異性愛の常識とされるものとは違います。また、同性愛なども描かれたりして、「世の中にはこういう恋愛もあるんだ」ということに気づかされます。そんなふうに視野が広がったり、世の中の多様性に気づかされるというのは生きていく上でとても大事なことですし、実用的でもあると思います。

もちろんそれは文学に限らず、絵画や音楽でも同じことです。意識的に芸術にふれることで、ものごとのエッセンスへと至るさまざまなルートを考えたり、文化の多様性について寛容になることができるはずだと、私は思っています。ですから学生の皆さんには、なるべくさまざまな文化的刺激にふれてほしいです。友人関係やサークル、留学やアルバイトもそうしたもののひとつと言えますが、もっと「大文字の文学」や「絵画」「映画」「音楽」、さらには舞台芸術や公園・庭園など、何でもいいので、芸術的意匠の凝らされた事象にも多くふれてほしいと思っています。本学はせっかく横浜にあるのですから、横浜の文学館、美術館、博物館などにも気軽に行ってみてほしいですね。

『ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」』チェリビダッケ指揮のCD
『ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」』チェリビダッケ指揮のCD。「テキスト」という言葉の語源は「織物」(テキスタイル)と同じで、縦糸と横糸が織りなすものという意味があります。実はそれがいまいちピンときていませんでしたが、ある時、先輩に薦められ、何げなく買ったこのCDの冒頭を聞いた瞬間、なぜか「ああテキストってこういうものだ」と腑に落ちました

『花は流れて時は固まる』のチケット半券
コンテンポラリーダンスのカンパニー、BATIKの2004年3月2日公演『花は流れて時は固まる』のチケット半券。ダンスというのは演劇や小説以上にわかりにくいし、この公演もわかりやすい筋やメッセージがあるわけではありませんが、なぜかものすごく感動したんです。人間の身体ってすごいと思った気持ちを鮮明に覚えています