工学部 情報システム創成学科
秋吉 政徳 教授
Akiyoshi Masanori

研究分野 機械学習、集合知、知識情報処理システム

出身地/大阪府
血液型/A型
子供の頃の夢/小説家
尊敬する人/学び続ける人
愛読書/村上春樹、大江健三郎などの著作
趣味/バイクツーリング、スキー、美術館巡り、映画鑑賞
休日の過ごし方/特に決めていない
好きな映画/「2001年宇宙の旅」「風の歌を聴け」「北北西に進路を取れ」「ブレードランナー」など
好きな音楽/プログレッシブロック、モダンジャズ、’70〜’80年代のニューミュージック
好きなTV番組/「世界ふれあい街歩き」など紀行番組、NHKスペシャル全般
好きな食べ物/魚料理(特に、刺身)
好きな国/ドイツ

工学部 情報システム創成学科 秋吉 政徳 教授

計算機処理により生み出される“知能”も大きな可能性を秘めている。
それがなにより面白い。

人がもつ「非線形性」は、一筋縄ではいかない

人の知能が底知れない可能性を有しているのと同様に、昨今の計算機の能力やネットワーク基盤を活用することで、データ指向により生み出される“知能”も今後は大きな拡がりと可能性を持っています。最近、「ビッグデータ」という言葉をよく耳にするかと思いますが、従来は取得できなかったさまざまなデータを活用することで、私たちの社会活動を多面的に支えるシステム構築が可能になってきています。

情報システム創成学科の名前にも入っている「システム」とは、わかりやすくいえば「複数の要素から構成されていて、それらの相互作用で全体としての機能が生まれるもの」ですが、今後はシステムの「複雑化・多様化」と人間の「活動」をどのように上手く融合させていくかが大切です。例えば、「鉄道システム」は、電車・線路・ポイント・信号機・送電設備などの人工物によって構成されていて、それらを相互にうまく機能させることで、電車の正常運行や異常時からの復旧をこれまでは達成してきました。今後は、電車と代替移動手段のバスや自動車との「連携」はもちろん、本来の目的である人々の移動における「効率性」に加えて「快適性」や「アメニティ性」といった従来あまり対象としなかった観点からのシステム作りが求められてきています。

このように「従来の工学的システム」をもとにして、「人やコミュニティの考えあるいは行動スタイルに受け入れられるシステム」を考えていくときに、“計算論的知能”が関わってきます。昔から“考えるコンピュータ”ということも言われていましたが、その際には「問題を解決する」という第一義的な意味で使われています。しかし、先ほどから述べている“考えるコンピュータ”は、もちろん「問題を解決する」ことは必要ですが、さらに「我々に寄り添って問題を解決する」という意味での“考えるコンピュータ”とも言えます。なので、「人と人、あるいは人と社会との関係性」といったものにまで踏み込んだ分析を行う必要があります。ところが、人間というのは「非線形性」とよばれる性質を強く有していますから、なかなか一筋縄ではいかないところがあって、そこが逆にこういった研究をする上での面白さになっています。

「システム工学」の“モデル化→分析→解決・検証”の流れが基本

私が担当している講義の「システム工学」は、どのようにシステムを設計・制御するかを考える学問です。「○○システム」という言葉があふれている今、システムの定義、設計、分析、解決・検証に関わる工学的意義やアプローチ、さらにその分野の面白さについて歴史を辿りつつ講義しています。

自然科学が新しい現象を探求して行く学問だとすれば、システム工学は問題を解決していく学問といえるでしょう。例えば、「情報通信システムがうまく機能しなくなった」とか「決まった場所で渋滞が起きるようになった」といった問題が起きたとき、それを構成する要素は何で、その相互作用がどのようなものかを考える。これが「モデル化」です。そして、それをどう分析して、問題解決につなげていくか。システム工学の面白さは、ここにあると思います。私にとっては、「モデル化」の段階が一番興味深く、考えていて面白いところです。

他に担当している講義の「信頼性工学」は、運用しているシステムが将来的にも信頼できるかどうかを検証していく学問です。製品やサービスが広く普及するうえで、「信頼性」は重要な観点です。信頼性を見誤ったために発生した事故や故障はこれまで多くあり、その反省から技術や管理手法が発展してきました。その代表例として、授業ではまず1940年に起きた「タコマ橋の崩壊」の映像を見てもらっています。これは当時の最先端技術を使って作られた吊り橋が横風を受けて振動し、その揺れがどんどん増幅されて崩壊していく様子を記録した映像です。橋が文字どおり「ぐにゃぐにゃ」によじれていくのは、まるで特撮映画のようで驚くべきものですが、当時は風によってこのような現象が起こることは知られていませんでした。そして残された映像と実験などで解明された振動のメカニズムは、その後の吊り橋設計の指針となっていったのです。授業ではこうした実例をとりあげながら、信頼性を工学として理解するために統計的知識をもとに教えています。

5年後の自分を意識して進もう

学生の皆さんには、“5年後の自分を意識する”ことを心がけてほしいと思います。社会人になってからもそうですが、10年先はちょっと遠すぎるし、3年だと今の自分と近すぎる。だから5年くらいがちょうどいいなと思うんです。5年先を歩く尊敬できる人の姿に学び、そこに近づけるよう努力してください。これは私自身が自分にも課していることですし、実際にこれまでそういう人たちの背中を見て進んできました。

人はいくつかの失敗もしますが、そのときに目標をもって臨んでいれば、成長があり、同じ過ちをすることは少ないでしょう。「失敗は成功の母」。ただ口を開けて餌が与えられるのを待っているだけでなく、失敗を恐れず自分からいろいろな物を食べにいってください。学生時代をどのように過ごしたかが、社会に出てからの人生にも大きく影響するものですから。

小中高時代から愛読している文庫本の数々
小中高時代から愛読している文庫本の数々。エッセイや哲学書なども読んだが、一番好きなのは小説。大体この辺だったな、という感覚で前のページをぱっと読み返すことができる。そういう点で、電子書籍は紙の本には敵わないと思っている。場所塞ぎだから、と家の者には嫌がられているが、いまでも蔵書はなかなか捨てられない

大学入学時に袖を通して、今もたまに着るNew Yorkerの紺ブレ
大学入学時に袖を通して、今もたまに着るNew Yorkerの紺ブレ。当時は第二次アイビーブームで、周囲でも着ている人は多かった。一時期、太ってしまって入らなくなっていたが、がんばって戻した。以来、これが着られなくならないように、というのが体型キープの基準!