工学部 総合工学プログラム
亀山 敦 教授
Kameyama Atsushi

研究分野 有機化学、高分子化学、有機材料化学

出身地/宮城県
趣味/スポーツ(最近は見るだけ)
子供の頃の夢/建築家、研究者
尊敬する人/ヘレン・ケラーとアン・サリバン
愛読書/最近は『蝉しぐれ』(藤沢周平著)
休日の過ごし方/時間を気にしないで過ごす
好きな映画/007シリーズ、サスペンスetc.
好きな音楽/ジャズ
好きな食べ物/和食、日本各地のおいしいもの
好きな国/日本

工学部 総合工学プログラム 亀山敦教授

好きなことを好きなだけやれるということは、
本当に幸せなことだと思う。

まだ誰もやっていないことをやる楽しさ

僕は実験化学者です。日々実験室でフラスコの中で新しい化合物を作って、性質や機能を調べることをやっています。研究というのは、初めはそんなにうまくいきません。まだ誰もやっていない(正解のわからない)テーマに取組むのだから当然だし、だから面白いのです。すぐに落ち込まず、うまくいかない理由を考える、何故か? そして、「よし、次はこうやろう!」。今から20年ぐらい前、こんな調子で実験をやっていたら、知的興奮を覚えながら研究に没頭していました。当時私は会社で仕事をしていましたが、勉強が足りなかったので、大学院でもっと勉強して世界で通用する研究者になろうと決心しました(若くて怖いもの知らず―笑―)。好きなことをやってきただけですが、ある時スイッチが入って、勢いでそのまま研究の道を歩んできたという感じです。

分子を並び替え、機能を引き出す

主な研究は、有機化合物や高分子化合物(ソフトマテリアル)の自己集合をコントロールして機能材料を作ることです。一つは「ナノ粒子」の開発。例えば、中に染料を取り込んだカラーカプセルなどを作っています。これは表示材料に応用できます。もう一つは「新規ハイブリッド型光重合開始剤の開発」。めがねのプラスチックレンズやCDなどは表面を保護するためにコーティングされています。透明な原料を薄く塗って、光を当てて化学反応を引き起こすと、硬いコーティング膜が作られます。この化学技術に必要な、光で化学反応を引き起こす新しいタイプの化合物を開発しています。これは、クリーンで環境にやさしい物作りに結びつきます。これらの基礎研究を、21世紀の社会に貢献できるような化学技術に結びつけることが壮大な目標です。

自然現象を化学の言葉で理解する

僕の授業の趣旨というのは「物質の性質や自然現象を化学の言葉で理解しましょう」ということにあります。例えば、金属は何故電気が良く流れるの? 二酸化炭素が増えると何故大気の温度が高くなるの? 簡単な化学のキーワードを使って説明して、「なるほど!」と理解してもらうと大変うれしいです。

※亀山 敦先生は〈工学部 数学教室・物理学教室・化学教室・生物学教室〉にも掲載しております。


卒業生達からの贈り物。「サンセベリア」との付き合いも5年になり、2倍以上の背丈になった。水をやりながら育てていると、僕も学生達の成長のお手伝いをしているようなものなのだということを教えられる


神奈川大学に赴任した頃に読んだ『生命の起源を解く七つの鍵』。シャーロック・ホームズの推理のように、生命誕生の謎に迫る推理が新鮮でその面白さに魅了される