工学部 総合工学プログラム
山崎 徹 教授
Yamazaki Toru

研究分野 機械振動音響学、機械力学・制御

出身地/神奈川大学のそば
趣味/読書、テニス、ボーリング
子供の頃の夢/博士
尊敬する人/高杉晋作
愛読書/東野圭吾、三浦綾子、灰谷健次郎、大江健三郎(初期)などの作品
休日の過ごし方/家族と共に一週間の買出し、レジャー
好きなTV番組/「宮廷女官チャングムの誓い」

工学部 総合工学プログラム 山崎徹教授

機械における騒音や振動の低減は、まさに付加価値。
今後の産業界で、ますます重視されていく分野です。

機械の振動と騒音を低減する設計法の開発を目指して

自動車のエンジンをかけると、車内でもブルルッと音がしますよね。あれはエンジンのゆれでフロアやガラスがスピーカーとなって、エンジンの音を聞いているのです。その音が大きすぎて会話もできないとなると、車に乗るのが嫌になりますよね。それを解決するには、振動はエネルギーだから、車内にエネルギーを放出しないようにすれば良いわけです。例えば、エネルギーが硬いフレームを伝わるようにして、トランクルームだけで音を出す。すると、うるさくて困るのは、せいぜい誘拐されている人くらいでしょう(笑)。とまぁ冗談はさておき、こうしたことを実現するには、構造物の中をどのようにエネルギーが流れ、さらにはそれをどのように設計するかを考えなければなりません。私の研究室では、振動で伝わる音をエネルギーの流れという視点から研究し、実社会で役立つ機械製品の低振動低騒音化構造設計法を開発しようと取り組んでいるのです。

研究の対象物は、船舶や自動車から工作機器、OA機器までさまざまです。機械にとって音や振動は非常に重要で、昔からあり、これからもあり続ける問題です。最近では消費者の嗜好が変わり、高品質かつ付加価値のあるものを求めるようになってきました。音や振動の低減は、まさに付加価値。産業界では、今後ますます、重視されていく分野だと思います。

自分の過ごしやすい環境を作ること

私が大学生の頃は、テニスサークルにどっぷり。授業なんて出ませんでした。だから今でも勉強なんて自分でするものだと思っています。教育とは学生が自ら動き出すようにすることだと思うのです。私はよく授業で雑談をします。大事なことは、教えることではなく、興味を持たせること。授業を通して、学問だけでなく学生へのメッセージも伝えたいと思っています。特によく言うのは「自分の過ごしやすい環境を自ら作りなさい」ということ。常に自分の置かれた状況を明確にし、問題点を解決しながら、心地良い環境を作っていく。そういうことを大学という小社会で学んで欲しいのです。

※山崎 徹先生は〈工学部・機械工学科〉にも掲載しております。


昨年8月、研究室がスタートして以来、初のOB会が開かれた。約80名の卒業生中、40名ほどが集まり、思い出話に花を咲かせた


携帯電話の待ち受け画面は、2歳と7歳になる2人の愛娘の画像。携帯電話を開くたびに、心癒される