工学部 総合工学プログラム
中西 裕二 教授
Nakanishi Yuji

研究分野 流体工学、数値流体力学

生年月日/1965年2月
血液型/A型
出身地/広島県
趣味/音楽鑑賞、映画鑑賞、写真、広島風お好み焼きを作ること
休日の過ごし方/買い物、子供と遊ぶ、犬の散歩
好きな映画/「ニューシネマパラダイス」
好きな音楽/Gabriel Faure´、Jennifer Lopez
好きな食べ物/ミモレットチーズ
愛読書/中東の民話等

工学部 総合工学プログラム 中西裕二教授

研究も仕事も、やってみないと
わからない面白さがあります。

身のまわりに広がっている流体力学の世界

大学で流体力学を講義する際、テキストに沿って、流体の写真や動画などを見てもらうようにしていますが、学生たちには、普段から身のまわりの自然現象等にも目を向けてほしいと思っています。流体力学は身近なものです。たとえば雲の動きや風に舞う木の葉、キッチンシンクにできる水の波紋、車の窓ガラスを流れる水滴の動きなど、実はすべて流体の運動であり、その運動に関する力学を扱うのが流体力学です。流体の運動を美しいと感じたり面白いと思ったり、身のまわりに流体力学の世界が広がっていることを、まずは見て感じてほしいです。

水の力でクリーンなエネルギーを

地球に暮らす私たちは現在、温暖化、人口増加、資源枯渇問題など、深刻な問題を数多く抱えていて“クリーンな再生可能エネルギーの利用”が強く求められています。各方面で風力や太陽光など様々な試みがされていますが、私の研究室では“二酸化炭素を排出しない水力エネルギーの利用”についての研究を行っています。その中でも特に、大気圧下の高速流からエネルギーを得る「衝動型の水車」を取り上げています。水車の開発には、コンピュータによる流れの数値シミュレーションが利用されますが、衝動型のものについては、その現象の複雑さもあって、これまでまだあまり手を付けられていなかったため、その開発を進めているところです。

私が流体力学を専門としようと思うまでに、特に大きなきっかけがあったわけではありません。もちろん、面白そうだとは思いました。ですが、「面白そう」から「面白い」に変わったのは、研究上のことで、いろいろな事柄を調べたり考えたり、仲間と議論をしたり、そういう日々を送ってからでした。学業に限らず、興味があることについて「面白そう」を、「面白い」に変えるには、ほんの少し、そのことに真剣に取り組むといった投資が必要である、と思います。

※中西 裕二先生は〈工学部・機械工学科〉にも掲載しております。


流れの美しさを知ることができる『A Gallery of Fluid Motion』


時間があるときに、子供と一緒に楽しんでいるインラインスケート