工学部 総合工学プログラム
小野 晶 教授
Ono Akira

研究分野 遺伝子有機化学

出身地/愛媛県
血液型/O型
趣味/読書
子どもの頃の夢/絵描き、放浪者
尊敬する人/伊藤若冲
愛読書/手当たり次第
休日の過ごし方/何もしない
好きな映画/「チネマパラディソ」「バリーリンドン」「泥の河」「麻雀放浪記」
好きな音楽/ボブ・マーリィ、吉田拓郎、古今亭志ん朝
好きなTV番組/ボーッと見ている
好きな著名人/オードリーヘップバーン
好きな食べ物/嫌いな物がない
好きな国/日本

工学部 総合工学プログラム 小野晶教授

言わば、私は分子を扱う職人です。
いい仕事してますね! と言われたい。

分子という小さなパーツをつなぎ合わせるモノ作り

私が扱っているのは、分子。私たちの世の中、身の回りにあるもの、例えばペットボトルもアスファルトもそして私たちの肉体に及ぶまで、形あるものはすべて、分子の結合によって形を成してこの世に存在しているのです。

私の現在の研究を科学用語で言うと、抗ウイルス剤、抗癌剤の開発。遺伝子解析技術の改良。新しいナノ素子の開発、となります。小むずかしいですね。でも、実際にやっていることは単純。いわば私は「分子という小さなパーツを使うモノ作り」をする職人という感じですね。分子のパーツにも色々ありますが、私はDNAなど身体の中にある分子を使うことを得意としていて、現在の研究を進めているわけです。とはいえ、研究というのは「ある日突然大発見」という飛躍的なものではなく、一歩ずつ前進させていく地味なもの。でも、不可解を解いていく、何ともいえない謎解きの面白さがあるんですね。

化学実験を重ねていくうちに、時として理屈にかなった“美しい”化合物ができるわけですが、そんな時にはこの上ない上機嫌になりますね。気分的にはプラモデル作りに熱中している子どもと同じかも知れません。あえてプラモデル作りと違うところをあげるとすれば、分子という目に見えない小さな材料を使うこと、社会に役立つ作品を作らなければならないこと、世界のライバルに勝たなくてはならないこと、でしょうか。

人生を豊かにできるか否かは自分次第

自分の人生は自分で豊かにするしかない。力道山の言葉に「若者は人格を身につけようとしなくていい。若者は自分の仕事で人より上を目指して死に物狂いで努力しろ。人格なんてものはそのうちついてくる」というのがあります。いうまでもないことですが、大学ではこのような言葉は教えてくれません。自分で自分という人間を育てていかなければならないのです。学生諸君にはその未知なる可能性が果てしなくあります。さぁ、何事もこれからです。

※小野 晶先生は〈工学部・物質生命化学科〉にも掲載しております。


仕事の時間の中で、分子モデルに触っているのが一番楽しい


尊敬する若冲の画集。仕事をやめて絵描きになりたいと思うこともある