工学部 機械工学科
由井 明紀 教授
Yui Akinori

研究分野 精密加工、工作機械、工作機械の安全評価、太陽光発電

出身地/長野県
家族構成/妻と子供2人
子供の頃の夢/科学者になる
尊敬する人/スティーブ・ジョブズ
愛読書/「地球の歩き方」
趣味/旅行
好きな映画/「Love Story」「愛と青春の旅だち」
好きなTV番組/「ワールドビジネスサテライト」「サイエンスZERO」「知られざるガリバー」
好きな食べ物/讃岐うどん、カレーライス
好きな国/日本

工学部 機械工学科 由井 明紀 教授

研究を続けるモチベーションは、自分自身が楽しむ延長線上に、
世の中に役立つものが創造できる喜びにあります。

硬脆材料の加工や水中ソーラー発電の研究

私は精密加工や工作機械を専門としていて、現在取り組んでいる研究テーマの一つは「硬脆(こうぜい)材料の精密微細加工」です。硬脆材料とは、硬くて脆(もろ)い材料の総称で、近代産業を支えている重要な素材です。身近な例だと、コンタクトレンズなどの金型材料です。超硬合金という素材を削って金型を作り、そこに樹脂やガラスを流し込んでコンタクトレンズは作られています。硬脆材料を高精度に加工するためには、加工技術や工作機械にさまざまな工夫が要求されます。通常の加工では、素材の3倍以上硬い工具を使用する必要があります。そのため、地球上で最も硬いダイヤモンドが工具として使用されます。一方、ダイヤモンドにも摩耗(まもう)や破砕(はさい)といった課題があります。そこで私はレーザーとダイヤモンドを組み合わせた加工技術を発案し、実用化研究を進めています。

現在取り組んでいるもう一つのテーマは、「水中ソーラー発電システム」の開発です。持続可能なエネルギーとして注目を集めている太陽光発電は、屋根等にソーラーパネルを設置しますが、鳥のフン害や黄砂等による発電効率の低下、そして台風被害といった課題があります。そこで私はソーラーパネルの海中設置を発案し、実用化に向けて国際的実証実験を行っています。水深や塩分濃度といった懸念事項をクリアして、今は海中生物の付着に関して解決策を探っています。

その他にも、半導体材料加工用工作機械や超精密工作機械に必要な、水静圧テーブルに関する研究・開発等も行っています。

「迷ったときは行動してみる」が私のモットーです

大学時代から、「何かをするべきか止めるべきか迷ったときは必ず行動する」をモットーにしてきました。私は何より研究が好きで、電車に乗っていてもごはんを食べていても、ふと新しいアイデアが思いつくと、それを形にしてみたくなります。世の中には便利なものがたくさんありますが、改善の余地が残されている場合も多くあります。一見不要だと思われることでも、とりあえずやってみることから、新しい何かが生まれることは案外多いものです。そのような課題を見つけて改善策を追究し、より良いものを創造することによって、世の中の役に立つことができます。それが工学分野における研究の醍醐味だと思っています。

製造現場や研究で培った知見を「神大生のために」

自動車等の機械に子供の頃から興味があり、大学では工学部で機械工学を学びました。卒業後は工作機械の製作会社に就職し、主に研削機械の開発設計に20年程携わった後、防衛大学校の教授に転身して約20年間、精密加工に関する教育や研究に取り組みました。 その後、2019年より現職に就きました。「すべては神大生のために」という思いで教壇に立っています。一方通行の授業にならないよう、学生の皆さんとコミュニケーションを深めながら楽しい授業を目指します。皆さんもぜひ、意欲を持って積極的に参加してほしいです。

「マイクロバランサー」の試作機
材料を高精度に加工する研削盤で、工具である砥石が高速で回転する際に生じる振動を検知して、機上でバランス調整を行う「マイクロバランサー」の試作機。27歳の頃にこのバランシングの原理を発明して特許を取得し、商品化されて500台以上売れました

ジェット戦闘機F2
防衛大学校に勤務していた頃、航空自衛隊のジェット戦闘機F2に搭乗する機会がありました。ロケットが打ち上げられるときの加速度が5Gと言われますが、この戦闘機の旋回時の加速度は8G!大変貴重な体験でした