工学部 機械工学科
中尾 陽一 教授
Nakao Yohichi

研究分野 工作機械、機械力学・制御、知能機械学・機械システム

出身地/東京都
趣味/テニス、サイクリング、音楽鑑賞
子どもの頃の夢/基礎医学の研究者
尊敬する人/高い志を持ち続けている人
好きな音楽/ジャズ、クラシック
好きなTV番組/「The West Wing」(邦題:ザ・ホワイトハウス)
好きな食べ物/刺身、豆腐
好きな国/アメリカ合衆国、イギリス、イタリア、ドイツ、スイスなど

工学部 機械工学科 中尾陽一教授

工作機械は、あらゆる機械のマザーマシン。
産業を支える基盤技術です。

ウォータドライブスピンドル:水のエネルギーを利用した新しいスピンドル

高い加工精度を持つ工作機械について研究しています。工作機械とは、マザーマシンとも呼ばれる、さまざまな機械を作るための機械のことです。例えば、あるプラスチックレンズを作る場合、そのレンズ以上に精密な金型が必要になります。また、その金型を作るには、さらに高い精度を持つ工作機械が必要になるわけです。つまり工作機械は、最も高精度の機械システムと言えるものであり、産業を支える基盤技術なのです。

現在、私が手がける研究の一つに、光学部品等を作るための超精密加工システムの開発があります。具体的には、水のエネルギーを利用して駆動するスピンドル(回転装置)の開発です。これまで、スピンドルの駆動には電気モータを使うことが一般的でした。しかし、この場合、モータからの振動や発熱があり、スピンドルの回転精度が落ちてしまいます。その結果として、完成した部品の精度も落ちてしまうわけです。

そこで、新しい駆動原理と構造を考えたのがウォータドライブスピンドルです。これは、回転軸を水に浮かせた状態で、水で冷却しながら、水のエネルギーによって高速回転させる新しい装置です。着想から2年程度の設計期間を経て、開発に成功しました。これまでの研究で開発したスピンドルの回転精度が数10ナノメートルのレベルまで到達していることを確認しています。現在は、さらなる高精度化と高機能化を目指した研究を進めています。当面の回転精度の到達目標は、測定限界に近い数ナノメートルにすることですが、精度を突き詰めていくこの研究にゴールはありません。

若い頃に一生懸命取り組んだ経験はきっと役立つ

大学1年のとき、最初は大学をやめるつもりでした。医学部志望だったのに工学部に入ったからです。でも2年生のとき、恩師から「機械工学も人の役に立つぞ」と言われ、この分野の面白さを感じ始めていた頃でもあったので、結局、そのまま機械工学を学ぶことに…。

将来どんなことに情熱が持てるかは、誰にもわからないものです。だからみなさんにも、どのようなことでも良いから、ぜひ大学で打ち込めるものを見つけてほしい。若い頃に一生懸命取り組んだ経験は、後々、きっと役立ちます。時間をかけて取り組んだことは、大きな成果を生むきっかけになると思いますよ。


大学3年の夏休みから大学院にかけて、じっくり勉強した数学の本『Advanced Calculus for Applications』


研究室で開発した装置を使って加工した鏡面