工学部 物質生命化学科
小出 芳弘 教授
Koide Yoshihiro

研究分野 有機金属化学、無機材料化学

血液型/B型
趣味/フランス語会話、自動車、オペラ鑑賞
休日の過ごし方/子守
好きな音楽/ワーグナーの歌劇

工学部 物質生命化学科 小出芳弘教授

「これなら自分はできる!」というものを
ひとつ持ってほしいんです。

アルミニウムの可能性を引き出す研究

私は主にアルミニウムを使った研究をしています。アルミニウムは、身近なものではアルミホイル、先端材料としては航空機のボディやジュラルミンなど、私たちの生活にさまざまな形で取り入れられている材料です。このアルミニウムには、たくさんの特徴があり、非常に可能性を持っているといえます。その可能性を引き出す研究を私はしているのです。もちろんアルミニウム単独での研究には限界があります。ですから、アルミニウムと酸素、または窒素や他の金属を混ぜた新しい複合材料をつくるという形で可能性を引き出しているのです。例えば、アルミニウムと酸素が結合すると、アルミナと呼ばれるダイヤモンドに次ぐくらい硬くて丈夫な酸化物ができます。しかし、これは非常に硬いため、加工しづらいという欠点もあります。それをいかに化学の力で、例えば、液体にして物のコーティング材として利用できるようにするかというように、新しい素材をつくり、その物理的な性質を変えて実用化に結びつける研究をしているのです。また、金属と有機物を結合させて、その反応を調べる無機合成化学の研究も並行して行っています。これは何か目的があるというより、まだ学会で知られていない化合物をつくって報告するという、学術的な興味でしている研究です。

何かひとつのことを深く掘り下げる

大学入学を目指す人にとっては、厳しい言葉になりますが、私は今一度、本当に大学に行きたいのか、行く必要があるのかを考えるべきだと思います。というのも最近は、志があって学ぼうという人が少ないように思うからです。逆に、目標が見つかっていなくても大学に入学した以上は、必死で勉強して、何でもいいから身につけないといけないのではないでしょうか。物質生命化学科に入ったならば、例えば、いろいろある化学の中でも無機化学を一生懸命勉強するとかね。他のことを知らなくても、何かひとつのことを深く掘り下げていってほしい。そして、「これなら自分はできる!」というものをひとつ持ってほしいんですよね。


Linus Pauling の名著で大学時代からの座右の書。古典は古くならないことを改めて知らせてくれる


大学の恩師の著書。この本も勝るとも劣らぬ名著で化学の本質を教えてくれた