工学部 電気電子情報工学科
山口 栄雄 教授
Yamaguchi Shigeo

研究分野 半導体の熱の応用

出身地/大阪府
血液型/O型
趣味/読書(とくに時代小説)など
子どもの頃の夢/宇宙物理学者になること
愛読書/藤沢周平、池波正太郎、柴田錬三郎の著作
休日の過ごし方/書店巡り、温泉巡り、スポーツ
好きな映画/ダーティーハリー、マッドマックス
好きな音楽/尾崎亜美、Cyndi Lauper
好きな食べ物/魚介類
好きな国/日本

工学部 電気電子情報工学科 山口栄雄教授

まだ世にない自分のひらめきが、
実際に<素子>となって動作をする。
この醍醐味、喜びが私を研究の虜とするのです。

世に役立ってこそ、研究が報われる

従来の半導体というのは、エレクトロニクスの分野でしか使われていなかったのですが、やはりそれでは限界が来ているのを実感しています。そこで、私は数年前から半導体の新しい可能性に目を向けて取り組み始めています。

それは、半導体エレクトロニクスの、主に熱やエネルギーの観点に着目したことです。熱は、すべてのエネルギーの最終形態。ゆえに現在では様々な電子機器や回路が高集積化により、熱問題の回避ができなくなっている状態です。この熱をなんとかして利用、あるいは制御することができないかを日々考え、それを応用した新しい<素子>を創る研究を行っています。

現在、私のひらめきから生まれた研究で、まだ誰も手をつけていない分野を開拓中で、今後どういった動きに展開するかが今から楽しみです。何と言っても、どこかの会社でこの<素子>を用いてもらえ、それによって世に還元されることが第一歩。研究というのは題材を見つけ、そして最終的には世の中に役立つものでなければ、と思っていますから。

研究はアウェアネスを学ぶとき

手がける研究は、世の中に役に立つものであって、かつ、学生自身もやっていて楽しいと思う事柄をと意識しています。また、目に見えないものを意識するというアウェアネス(気づき)の点も、研究にとっては大事な姿勢です。そんな四年間の学生生活がのちにどう生かされるか、それは自分次第。平等に与えられた一日24時間をどう生きるかも自分自身。学生生活の中で何らかの結果を出そうと思えば、何かを犠牲にせざるを得ないのは仕方のないことですが、この取り組みこそが、のちの人生にとってかけがえのない時を得られることと確信しています。

我が大学は自然に包まれた環境にあって立地条件もよく、教育システムも完備し、卒業研究をした学生には学会発表など、世の中へ積極的に貢献することも可能です。先生とはコミュニケーションをはかることで、互いの垣根も低くなります。どうぞ積極的に先生に話しかけてください。我々は、いつでも君たちを待っています。

※山口 栄雄先生は〈工学部・総合工学プログラム〉にも掲載しております。


研究室の生徒の実家から苗を分けてもらって、みんなで育てている稲。そろそろ頭を垂れ始めたので、収穫が楽しみ


名古屋でポスドグ(博士研究員)をしていた頃、地元で大変お世話になった方の娘さんから頂いたバッグ。今も愛用している